青い月のためいき

少女漫画とかアニメとかセクシャリティとかの考察・分析。

漫画

百合と男社会の闘争記録~なぜ百合文化は男に脅かされるか~

※いろいろネタバレがあります。タイトルを強調したので注意したい場合は避けてください。 近年の百合作品は「男」とどう向き合い「男」をどう処理しているか。 古来つづいてきた百合と男の微妙かつ繊細な関係を踏まえ、どのように古典的・画一的でない描写を…

『月刊少女野崎くん』元ネタをリスペクトするということ

『月刊少女野崎くん』が好きだ。ギャグがめちゃくちゃ面白いし、キャラもみんな魅力的だし、絵も見やすくて、テンポがいい。 アニメも再構成や繋ぎが抜群に上手くて、千代ちゃん役の小澤亜李さんなんか最高すぎて一気に色んなアニメで名前を見るようになった…

『ちはやふる』は「運命」をどう見ているか――少年漫画と少女漫画の融合

運命に抗い、受容し、信託し、付き合っていく『ちはやふる』

ファフナーが描いた少女漫画性――前世もの類型から見る生まれ変わった総士の姿

引用部分色つき太字。 『妖狐×僕SS』『ぼくの地球を守って』のネタバレあり。これはあくまで前世もの類型という外的文脈に依拠する“分類”であって、総士がどのような存在であるか、あるいはファフナーという物語があの総士を希求した理由の考察ではないです…

「前世もの」作品の構成要素――少女漫画と少女漫画以外の相違性

引用部分色つき太字。 『花まんま』『スピリットサークル』『懲役339年』『ファンタジックチルドレン』『妖狐×僕SS』『密・リターンズ!』のネタバレあり。 前世。 それは運命のことわりによって生を越えてつづく魂の前身。 肉体が死を迎えても滅びぬ魂が新…

水城せとな『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』考察2

koorusuna.hatenablog.jp つづき。

水城せとな『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』考察

読み返してたら色々浮かんできた。引用部分色つき。

水城せとな『失恋ショコラティエ』7巻考察

『失恋ショコラティエ』7巻ネタバレありきの記事です。 引用部分色つき。

小花美穂『窓ぎわうしろから4番目』設定をこねくり回す

小花美穂は本当ね、「調理が上手い作家」だと思う。材料の良さを如何に引き出して如何に自然で面白い展開をさせた作品をつくるか。そしてその長所を集約したのがこの初期短編50ページ『窓ぎわうしろから4番目』。