青い月のためいき

百合とかBLとか非異性愛とかジェンダーとかを考えるオタク

百合と男社会の闘争記録 in 2020~いかに男を排除できるか~

百合と男・リターンズ。

koorusuna.hatenablog.jp

ありがたいことに記事をupしてから3年経っても未だにアクセスが多い百合と男の記事。
今でも概ねの主張に変わりありません。
私はそんなに数読むほうではありませんが、そんな私の観測範囲内でもこの3年で溜まってきました。
百合と男の闘争記録が。

……なんっでそんなにも、こんなにも、百合は男と戦い続けるんだ。
答えは前記事でもう書きました。
女が女とつがうことはそれ自体が社会への、そして男への反逆だからです。男に依存せざるをえなかった女たちからの。それが百合の宿命。

前回は百合ジャンルの転換点になるような作品を中心に時代の流れをざっくり見ましたが、今回はわりと単なる羅列なのでお断りを。まあ前回も羅列か。
さて私は根に持つので記事がプチバズったときちらほら謗られた「作者はそこまで考えてねえのに自分の主張のためだけに作品を利用するな」の言葉、覚えてます。
作者の意図を越えた分析を延々やってるブログを書いてきた身として5本の指に入る嫌いな言葉、「作者はそこまで考えてない」。

まず紹介するのは「百合作家が男のこと考えてねえわけねえだろバーカ!!!」。


百合作家は気を遣っている

【特別対談】『やがて君になる』仲谷鳰×担当編集・クスノキ「エゴがキャラクターを決める」|コミスペ!

仲谷:あとこれも初期の頃ですが、男性キャラクターの関わり方には気を使いました。二人の関係を邪魔するものではないということは、わかりやすく描けたと思います。でも登場する理由がないと、出す意味がありません。作品としての意義がありつつも、男性キャラは二人の関係を邪魔しない立ち位置にしようと心がけています。

クスノキ:槙君は「僕は完全に舞台に立ちません」という話をしています。

仲谷:槙くんに関しては、「舞台に立たない」という特性を持つ人物を登場させたい気持ちがまずあって、それがちょうど百合作品に求められる男性キャラの立ち位置と合致したという形ですね。

めちゃくちゃ考えている。
前記事でも紹介した『やがて君になる』の、人の恋路を見守りたいけどその中に入る気はない男キャラ、槙くん。
槙くんの描き方、完全に知ってたけど作者が直接言及してくれることに意味がある。


『推しが武道館いってくれたら死ぬ』

f:id:koorusuna:20200702225007p:plain
『推しが武道館いってくれたら死ぬ』平尾アウリ

アイドル食う系イケメンがちょっと出てきただけでこの配慮……平尾さんが百合破壊する作家じゃないことくらいわかるのにごめんな百合オタクが過敏で……。
そして出てきたイケメン特に何も為すことなく単発キャラで消えていった……。


NTR 寝取られ百合アンソロジー

今別件でNTRのこと考えてて、悩んだ末についに百合カップルに男が乱入してきて一緒に妊娠しようね♡エンドを迎えるNTRに手を出したんですが、案の定自分の感情が案の定になりました。
手を出したのは自分の責任なので多くは語りませんがいかにち〇こがこの世の至上の快楽であろうとも女は男を捨てるし女を選ぶんだと言い添えたいものです。
koorusuna.hatenablog.jp


さてそういうヘテロ男性向けエロコンテンツからの輸入品NTRは、NTRアンソロと銘打たれたものの大体は女から女を寝取る側の女視点……という構図になりました。
一歩百合ジャンルを出れば男に女を寝取られる女はありきたりすぎてこちとら満身創痍なのです。
書き手としては食傷もありそうです。切ない百合をやりたいけど男に負ける構図は忌避した結果、女だらけの三角関係および失恋ものが地味に現在の王道になっています。


女を男に寝取られる女を描いてはいけない。それは百合ではない。
そういうルールが定着してきたことがわかります。


メタで食おう

百合に乱入する男は許さない。
切実な思いはいつかネタになり、叫ばずにはいられません。
それでメタフィクションの手法が使われます。

『リリィマリアと和解せよ』

f:id:koorusuna:20200702225036p:plain
『リリィマリアと和解せよ』大宮宮美
特に乱入してくるわけでもないのに百合に近づいただけで男を問答無用で消し去るエゴ女神が「ネタ」になり、

『オレが腐女子でアイツが百合オタで』

f:id:koorusuna:20200702224832p:plain
『オレが腐女子でアイツが百合オタで』アジイチ
中身が女と入れ替わってしまった男百合オタクはあわや女の体で女と恋愛に陥りそうになったら血涙を流すし、

『百合男子、女子校になる』

f:id:koorusuna:20200701230308j:plain
『百合男子、女子校になる』櫻井亜矢子

『百合男子』の系譜であろう作品はついに自分の存在を消してただ百合を眺める有機物に成り代わります。

本家『百合男子』の苦悩と比べて、「いやいらないなら存在消せばええやん」の軽々とした飛躍です。作者はたぶん女性だし。

『百合男子』のほうはそこまで突き抜けられず、自我を捨てられなどしません。
続編俺の嫁なんていねえ!』では「なんでもかんでも百合ップルを見出してしまう百合男子は(勝手につくった幻覚の)百合ップルを破壊して異性愛をやってもよいのか?」と問いを打ち出し、コミック百合姫で誰も得しない異性愛展開をやって打ち切りとあいなりました。

男はすげなく巧妙に排除

現在の百合は全然男が出てくるし、出てきても失恋役や見守りポジションに落ち着くし、舞台の女子校比率も下がっています。
男が出てきても百合には入れない。
これが現在のトレンドであり共通了解であり基本姿勢です。

『制服のヴァンピレスロード』

f:id:koorusuna:20200702224730p:plain
『制服のヴァンピレスロード』松本トモキ
別に支配してくる糞野郎でもない男がなんの力みもなく普通に振られる。

『将来的に死んでくれ』
キャラが立った男たちが出てくるが兄、弟、友達(彼女持ち)。
女から女への恋愛も別に報われませんが、イケメンである自分の兄に想い人がなびいてしまうのではと危機を感じた女に対して、想われるほうの女が言うのはこの言葉。

f:id:koorusuna:20200702224857p:plain
『将来的に死んでくれ』長門知大

他にも男キャラたちは各所で巧妙に「乱入するなんて発想すらないですよ」と排除されます。

『少女☆歌劇 レヴュースタァライト
本作での男性表象はきりんの形をとります。
各話要所で意味ありげに百合を愛でるわりに最後まで一切本編に関わることなく幕は閉じられました。
半獣の男たちがこれまた本編に関わらないユリ熊嵐のオマージュでしょうか。

男は存在してさえ入れないアピール、抜かりなくてはなりません。動物の形を取らせてまで。それが百合文化。


『ピンク・ラッシュ』

『ピンクラッシュ』は最近の作品ではないですが個人的に重要です。
前記事を書いたあとに読んだので入れ逃してしまった。
男嫌いで女好きの女性アイドルが主人公。
主人公とイケメンアイドルは女好き友達。そいつが主人公お気に入りの女性スタッフと子どもをつくって求婚しますが、スタッフはイケメンを利用しただけなので無下に断り主人公に「私はずっとあなたのそばにいるわよ」と言います。
生殖に支配感と優越感を感じる男への軽妙なあしらいです。

f:id:koorusuna:20200701223223j:plain
『ピンク・ラッシュ』TONO


死あるいは恋の終焉……今は?

長々書いてきたし書いていくけどこれだけは何度も主張したい、百合は男を扱いながら男を横目に女と女を結ばせている。時に切実に時にフラットに。

ただ、それでも、いまだ男とつがう道から逃れられず、女と女のふれあいは一時のきれいな夢物語だとする作品だって説得力を持ってしまいます。


『かげろうのはな』
百合というジャンルさえなったその昔は定番だったという火事心中エンド。
江戸時代の吉原で、男の遊び相手となる「地獄」から手と手とって逃げ出すには火事心中しかありません。だから定番だったのでしょう。逃げ場のない時代において。

f:id:koorusuna:20200701232210j:plain
『かげろうのはな』空倉シキジ/『Avalon Alter -karma-』

それを描くために江戸と吉原を用いた作品の中で現代百合的といえる部分は、死の際で矜持を貫く女です。


『籠の少女は恋をする』

エス文学をなぞったのか男への身売りが運命づけられた女たちの恋『籠の少女は恋をする』は、1巻のAmazonレビューが百合オタクの嘆きで埋められています。

f:id:koorusuna:20200701222957j:plain
『籠の少女は恋をする』川浪いずみ


男に買われる地獄が多少強調されているものの特に目新しいこともない古典的手法。
まあそんなこともままあるのがジャンル過渡期というべきか。*1


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝- 永遠と自動手記人形 -』
ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』も男との結婚が規定された女の恋心。

古典も古典な上記二作に共通するのはその瞬きするような一瞬の出来事をはっきり「恋」だと名づけていること。(『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、劇場特典小説にて)
今まで百合が通り過ぎてきた「はっきりとそうは言わない、いずれ男とつがう予感が響く、のに現在存在する、あわい、なんらかの想い」を遡って再定義したのです。
そう思うとするならば、わざわざ現代で女同士を「恋」と断言してなお異性愛エンドを用意する死に際の強い輝きは今まで百合が内包してきた儚さの総括なのかもしれない。


『ゆりでなる♡えすぽわーる』

f:id:koorusuna:20200701230325j:plain
『ゆりでなる♡えすぽわーる』なおいまい
男と結婚し家父長制に囲われるそのとき自分の心は死ぬ、と宣言する本作は負の総括でもある。
つーか総括するんなら美しさで彩った白昼夢など欺瞞であると一刀両断するのが本作です。
心が死ぬ前に他人の百合のかけらを集める命短し恋せよ乙女(ほぼ原義)、許嫁となった顔の見えぬ善良そうな空っぽな男を描写しつつ、この連載がどこへ着陸するのか不明なため、位置づけは保留。


『付き合ってあげてもいいかな』
今いちばん感情ディテール細かい現代百合をやってる漫画といえば本作。
テーマも価値観も世界観もキャラの立ち位置も時代感覚が的確だからこそ、女と女の恋愛ごたごたに男が一切かかわらない、そしてそのことがなんら特異ではない描き方ができます。
それこそが前記事で最後に示した「男の存在無意味化」の実践です。

f:id:koorusuna:20200701223059j:plain
『付き合ってあげてもいいかな』たみふる

今はもう、百合は、死なずにいられます。いような。


百合における下ネタ

ちょっと脱線ですが。

f:id:koorusuna:20200701230317j:plain
『なぜ備さんはいつもいやらしいことばかり想定して危機管理しているの?』まいたけ
f:id:koorusuna:20200702224916p:plain
『将来的に死んでくれ』長門知大
f:id:koorusuna:20200701223114j:plain
『有害指定同級生』くろは

このへんずっと、「なんで百合って時々すげえ男引き合いに出して下ネタかますんだろ……」て疑問でした。
恐らく女の性欲を女の体でコミカルかつストレートに描く方法が確立されていないからなんでしょうね。
女の性欲はジメッとした受動的な代物としてしか理解されておらず、女体は客体であり洒落にはならず、オモシロコメディをやれない。
カラッとした性表現も主体的な性衝動も未だ男のもの。女性表象ではそれらを表すすべがありません。
記号的エロ描きたい! 気楽に下ネタやりたい! って思ったら男性文化から拝借してくるしかないのです。

あと「女の子におっさん系下ネタやらせたいけどそれだけだとキツいから百合をかます」都合。
百合の裾野が広がった現在「百合やっときゃキツさが緩和される」と思ってるらしき作品が散見されます。


男と付き合う女、女に惹かれる女

前記事では男1人と女2人の三角関係の矢印を等価にさせるために工夫を施している話をしました。

ヒロインの性欲が湧くのは女にのみ。ここが逆で、男にのみ性欲が湧くのであれば「じゃあ女へ惹かれるのは勘違いだね」で終わってしまいます。
「女に性的欲求を、男に安心感を求める」ことでようやく三角関係の釣り合いが取れる。
異性愛と同性愛の等価性はこのように表現されます。
百合と男社会の闘争記録~なぜ百合は男に脅かされるか~ - 青い月のためいき

女への恋には性欲がなければ男への感情と等価になれないのか。
不均衡ではないか。

単に等価で単に女が好きだと、言っていきましょう。

『ピアリーとエロスのあいだ』
『もっと♡半熟女子』

上記二作、彼氏持ちの女、元カレと両想いの女に果敢に挑戦してゆく百合です。
性欲じゃなくたって、女に恋しドキドキしてそれが忘れられず女を選ぶことができます。

f:id:koorusuna:20200701223035j:plain
『ピリアーとエロスのあいだ』寄田みゆき
(連載中のため、判断は保留)

『終わらない世界で』

これは本記事唯一MVですがおそらく男と付き合っている女が、女との鮮烈な出会いを経験してしまう。
会ってしまったら、もう他の世界にはゆけないのです。等価にもならない。

大人百合。結婚。男はヤな奴か?

はい。
前記事で予言したとおり、ていうか当然の流れが2017年既に来ていたわけですが、大人百合活況時代が幕を開けました。
もはや百合を思春期一過性とは言わせないし信じられない。
と同時に避けて通れないのが結婚の話。
必然、男と結婚する/した/していた女が俎上に上ります。


『羣青』
これ前記事書いたときまじですっぽ抜けてたのが心残りだったので今入れます。よかった。
これを百合と言うかどうかは論の分かれるところですが私が書く上ではそんなの今更なのだ。
koorusuna.hatenablog.jp

ヘテロ女のDV夫を殺すレズビアン。愛のない逃避行これが2007年~。
支配男を殺すのが乾いた爽快と陰鬱を生む。男、結婚。そう聞いて真っ先に浮かぶ形が殺人でありえるのが百合です。

f:id:koorusuna:20200701223720j:plain
『羣青』中村珍

『瑠璃色の夢』
同時期、『瑠璃色の夢』は亡き夫ごと抱えて女を愛する女の話を描きました。
優しい人格者の夫は亡くなれば無害です。


10年、15年前は異性婚はそんな扱い方でした。
「ふつうに結婚してほしい! しなきゃ! だけどあなたが好き! 結婚やーめた!」的に踏み台にされたりもしました。


『下衆ノ極ミ乙女』
そんな流れの末発表されたのが、男と結婚する自分を愛する女を愛でる『下衆ノ極ミ乙女』。
自分相手に失恋し同性愛の叶わなさに悲嘆する友の苦しみに優越感と陶酔を感じる女。

f:id:koorusuna:20200701223206j:plain
『下衆ノ極ミ乙女』くずしろ/『龍崎さんと虎生さん~百合姫短編集~』
これも結局文脈があって、異性婚システムに敗北する同性愛を儚い夢幻と美化してきた過去の産物です。*2
んなもん美しくなんかねーよその陶酔に愉悦してやれとカウンターしたくずしろ流結晶がこれ。

『兄の嫁と暮らしています。』
同作者の近年作『兄の嫁と暮らしています。』は、亡くなった「兄」を中心に、血の繋がらないふたりの世界を回そうとする女と女の物語。
女と女の間にどうしようもなくどでかい男が存在している、がそいつはもういない、ゆえに生きてる男は入る隙がない、の三段構え。
『瑠璃色の夢』は百合に焦点が合っていましたがこちらは亡くなった男が主眼。いなくなったから目いっぱい男に感情を注いでもいい、注げば注ぐほど傷を舐めあう依存百合が描ける。
発明か?



さて現在はといえば。

『草薙先生は試されている』

f:id:koorusuna:20200701223151j:plain
『草薙先生は試されている』安田剛助
相手の結婚による失恋、のその先。
秘めた恋に破れた女が想い人の生んだ子どもに好かれてしまう。
異性婚を前に挫折したってそこから芽吹く続きもあるんだよ!的力技(想い人の子とくっつく)は別に珍しくもないやり方ですが、それを百合でやるのは実は新しいよなと。
百合作品の典型として付き合ってた女に卒業式の日にフられるトラウマ持ちの女は数多いですが、そんな女たちへの救済となるのが新しさです。

『かけおちガール』
既婚者と百合が始まるのはままある展開ですが妊娠している真っ最中の本作は一歩進んだかな感。
FEEL YOUNG連載だった『オハナホロホロ』はシングルマザーだったし、これもKISS連載だし、女性誌発は生殖育児に目を向けずにいられない。
別に身重でも母親になっても男に囚われなくていいし、「家庭」に閉塞せず女とかけおちできるのです。

『おとなになっても』
満を持して百合に再進出しました志村貴子
「女子校」を内部から紐解いた青い花、からの既婚者との不倫関係大人百合とくる本作。この流れだけでも百合ジャンルの変遷が語れます。
夫が姿を見せるタイプの既婚者の場合百合にするなら「結婚生活に不満があった隙に女に心奪われてしまう」展開が定石ですが、本作の夫はただの人。
ヤなヤツでも特段イイヤツでもない、なんか男として生きている人間です。
特に理由もなく不倫してる女のほうが社会的に悪い。
理由がなくても女は結婚生活を手放せるほど女に囚われてしまうのだという誇示が、今や、できます。

『たとえとどかぬ糸だとしても』

こちらは結婚生活に不満がある系。
しかし夫はヤなヤツではなく、むしろ妻側のほうが夫を好き。幼なじみのためその想いたるや積年もの。
「私とはお情けで結婚してくれたのでは。その証拠に別の人が好きだったではないか。夫の本心がわからない」。不満というより不安です。
夫は不倫したかと思いきや勘違いだと判明する。普通の人です。
なんでそういうタイプの負け戦漫画にしようと思った?(百合が勝つはずなんですが……)

f:id:koorusuna:20200701223215j:plain
『たとえとどかぬ糸だとしても』tMnR


敵としてヤなヤツと戦えるわけでもない、イイヤツ"なのに"女を選ぶ百合の優越性を強調するわけでもない。
これからの百合はただただ普通の人間である男と対峙しなければなりません。
単なる「"普通の"人間である男すらも、女は力まず"普通に"捨てて女と手と手取り合えるか?」
現在の百合はそこに切り込みはじめているように見えます。



百合に男は描けるか? ミソジニストを。

最後に。今後私が個人的に百合の課題と目しているのは「百合はちゃんとミソジニスト男性を描けるか?」です。
こんなのまだ百合ジャンルじゃなくたって描き切れてないんじゃないの?
そうです世界の現代課題でもありましょう。


『私の少女』
『お嬢さん』
海外作品に明るくないので言及は最小限にしますが、こちら二作の韓国映画はどちらも男の支配から抜け出す典型構造でした。
ヤなヤツの利害、性根の悪さ、漏れ出る弱さは描きますが、1本の映画では女と女をやるのに忙しく、男たちの内面までは語れません。


何度も言いますが今まで男が関わる系百合の主流だったのは「ヤなヤツ(抑圧者)」か「イイヤツ(当て馬)」の二択です。
ここ10年弱で「観測者」が誕生した、と見立ててきました。

百合にとってヤなヤツは単にヤなヤツでしかありませんでした。
当然です。破壊されている最中に相手をじっくり観察する余裕はありません。


『かけおちガール』
いじりと称して交際相手(ほぼセフレ?)の自尊心を削り、ゴムをつけたがらずなんとなく妊娠して結婚した末の、DV夫。
これは従来ただヤなヤツとしてしか描かれなかったはずです。
本作の男は思春期に女にいじめられ、イメチェンして女をはべらせ自己効力感を取り戻した卑近な小者です。
同僚の女に「あんなの元非モテじゃん」と陰口されて取り乱す様はよく描けています。
しかし、結婚に対する思い(めんどくさい/所有欲/社会的地位の確保に安堵等々)が描写されず、ミソジニストとして妻に安心感を求める描写の説得力も弱いです。

f:id:koorusuna:20200701223135j:plain
『かけおちガール』ばったん


『その日、朱音は空を飛んだ』

何かと女の話に首を突っ込みたがる男1。
女を見下すことで優越感に浸る容姿端麗秀才男2。
前者は自分の下劣さを突きつけられて挫折します。
後者はどうしても勝てない天才女に嫉妬し、最後決定的にプライドを折られます。
自分と付き合ってきた女はみな自分のことがいまだ好きだと思い込んでたのに、女たちは男のあずかりしらぬところで愛憎劇をやっていたと思い知らされます。

さて、かように男は気持ちよく挫折してくれるでしょうか?
自分が社会的に優れていると知っている男は女に嫉妬してくれるでしょうか?
多少プライドを折られたところでそれを補填しようと攻撃に転じはしないか、易易と物語から退場してくれるでしょうか?


現在のところ、女を阻み女を憎む男の造形は完全ではなく、観察が足りないと言わざるをえません。ていうかここの解像度が少しでも高い百合作品があるならば教えてほしい。
ウテナにおける鳳暁生および王子様くらいの――過大な期待を迫られたことによる死と挫折、世界の愚かさへの諦念から抑圧者に転じるくらいの――男性の深堀りは必要になってくると思います。鳳暁生は叩き台でなければならない。
世界はもっとミソジニスト男性に迫れるはずなのです。



これから百合と男の戦いはどうなるやら。
紹介した作品も、ここ3年程度のものを中心にしたので連載中のものも多く、落ち着く先はわかりません。
第三弾もいずれ書くかもしれない、そのときはまた新しい動きが見えたときだと思います。

そういえば、私の観測範囲外として悪役令嬢百合も男との戦いがあるのではと睨んでるんですが、実際どうなんでしょう。
書籍化した一冊だけ読んだ『私の推しは悪役令嬢』は乙女ゲームのヒロインに転生した主人公があらゆるイケメンたちとのフラグをへし折り悪役令嬢を愛する話だったので。
あと取りこぼしは洋画かなあ。どうも私の求める百合じゃないことのほうが多いので食指が伸びんがそれは大手ブログさんとかがやってくれるんじゃないか。

*1:2015年には百合アンソロジーなのに作者いわく「ノリで」ヘテロセックス結婚エンドをかまし当然反発を生み、それが遠因かは知らんが実質アンソロ休刊になった事件もありました。百合オタクがなぜもそんなに挟まり男に激怒するのかジャンル外の人にはいまいち理解されていない気がするのですが、まじでいるしあるんですよ、許されると思って気軽に百合に乱入してくる男

*2:百合が失恋を美化してきた、それも一部事実ですが、異性愛ものでヒロインに恋する女がことごとく失恋要員にされてきた、そしてその恋がなんか美しげにコーティングされてきた影響も大きい