読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青い月のためいき

少女漫画とかアニメとかセクシャリティとかの考察・分析。

『蒼穹のファフナーEXODUS』一騎が受け取った花の意味

アニメ 蒼穹のファフナー

※『蒼穹のファフナーEXODUS』第11巻付属CDドラマ『THE FOLLOWER2』のネタバレあり。

考察。検証しようがないので仮説です。

続きを読む

百合文化における脅威としての男

性・ジェンダー アニメ 漫画

※いろいろネタバレがあります。タイトルを強調したので注意したい場合は避けてください。



近年の百合作品は「男」とどう向き合い「男」をどう処理しているか。
古来つづいてきた百合と男の微妙かつ繊細な関係を踏まえ、どのように古典的・画一的でない描写を編みだしているか。
ざっくり背景を見つつ、現在百合という文化が捌こうとしている「男」と「社会」について考察していきます。


f:id:koorusuna:20170131141440p:plain
(『捏造トラップ-NTR-コダマナオコ 2巻p112)



百合オタの定番ネタ、「百合に挟まりたい」と口にする男への怒りと反発。

日々沸き上がる百合界隈の炎上案件は「最終的に男と付き合う女同士の関係は百合と言えるか?」「男の娘×女は百合か?」主に男の話題です。
なぜこんなにも百合好きは男を恐怖するか?

個別に見た表層としては「百合を見ていたはずなのに男が乱入してきたトラウマから」等挙げられると思います。
しかしこの根底にあるのは「男の乱入が許されていること」それ自体です。


見るべき本質は「なぜ、百合には男の乱入が許されてきたのか?」なのです。*1

男二人のBL関係に第三者の女が乱入することはまったく許されていません。
なぜ、百合には許されてきたのか。


結論から言うとミソジニー異性愛規範が悪魔合体したテーゼ」が強固に存在し社会権力によって肯定されているからです。

このテーゼ、具体的には例えば「女は男に見られ消費される客体としてのみ存在する」「女同士の関係は脆く儚い」「女同士の関係は男女関係より軽くて劣る」「女は男に挿入されることで純潔を失い大人になる」「思春期の女同士の恋愛は勘違いの擬似的一過性」……等々、があります。

つまり、「女は男に性的に消費されることで大人になるべきで、女同士の親密な関係は男とつがう前の閉塞空間のみに存在する紛い物である」というテーゼです。

背景にあるのは女が自立不可能で学生時代を過ぎれば強制的に男と結婚させられていた近代日本社会であり、現代にいたってもこの構造が風化しきれないほどに男女賃金・労働環境格差が女の自立を阻んでいます。



こういった支配構造が社会に存在するがために、百合には男の乱入が許されてきました。「女は最終的に男の手の内に納まるべきだろう」「女同士のセックスでは男の挿入がないから"物足りない"だろう」と男が割って入ってきました。

古くは少女小説現在は漫画アニメを拠点とする"百合"という現象は、女同士の関係性を描くジャンルとして、権力の作り出すそれら規範・テーゼと向き合わざるをえなかったのです。
結果、百合を語り創作する上で「脅威としての男」の存在は欠かせなくなりました。

以下に現在における「百合」たちの戦いと「男」との関わりを記します。

*1:注意してほしいのは「なぜ男が乱入してくるか」ではないことです。エロコンテンツで女二人の間に男が入りこむ理由は色々あるのでしょう、以前AVにおける実用性から見た考察なんかを聞いたこともあります

続きを読む

『蒼穹のファフナーEXODUS』イマジナリーライン演出

蒼穹のファフナー アニメ

本日皆城総士の誕生日だーおめでとー!
生誕祭も近いし久々にファフナー考察やります。
今のところこれ以上のネタはない。細かい話はまだちょこちょこあるけど。



蒼穹のファフナーEXODUS』ネタバレあり。

さてさて。
舞台の上手下手を利用した決まりごとがつくる演出、イマジナリーラインというのがあります。
人物・物体が画面左方向(下手側)に向かえばざっくり肯定の意、画面右方向(上手側)に向かえばざっくり否定の意、という感じです。
説明が面倒なので詳しくは述べません! 「イマジナリーライン 富野由悠季」あたりでぐぐってください。


これに完全にのっとっている作品は多いわけではありませんが、ファフナー(EXODUS)はこれを厳密なまでに意識・利用してコンテを切っています。
まあ所々無視している箇所もありますが、本記事はそれに従って『蒼穹のファフナーEXODUS』の考察をしていきたいと思います。

ファフナーにおいては、大まかに以下のように演出されています。


フェストゥムは下手から攻撃してくる

フェストゥムは基本的に(ほぼ常に)画面下手に配置されます。

f:id:koorusuna:20160816194806p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』12話)

竜宮島の戦士たちが正に向かって進む。
演出のお約束からいえば「最初は敵の強大さを見せつけるために上手から現れる」ということも一応やろうと思えばやれるはずですが、そういうことは全くしません。
「下手が敵」であると、コンテ以前に共有されてる決まりごとなのでしょう。

よって上手側から現れたアザゼル型フローター(来主操のミールボレアリオス)が「敵」であるはずがないということになります。

f:id:koorusuna:20160818153510p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』21話)


★真矢VSダスティン

最初に真矢が右上からダスティンを攻撃します。他のアルゴス小隊パイロットをあっというまに解体したあとの真矢。
このコクピット内の真矢、ダスティン、最後に引きの機体二機の3カットで、ノリに乗った真矢の優位性がたっぷりと強烈に印象づけられます。
ここが大事です。

f:id:koorusuna:20160818153122p:plain
f:id:koorusuna:20160818152956p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』23話)

しかしその後すぐ立ち位置が反転します。

f:id:koorusuna:20160820100508p:plain
f:id:koorusuna:20160818153200p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』23話)

攻撃を受ける真矢は左下にいて不利。逆行の動きを強いられやられてしまうのではないかという緊張感が出ます。


しかし真矢はその後すぐレージングカッターで自分の肩を切り落とし難を逃れ、左下側からコクピットをためらいもせずぶっ刺します。
爽快。

f:id:koorusuna:20160820100602p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』23話)

基本的に戦闘の際「敵」と「味方」の方向性をほぼ固定しているのがここで生きてきます。
くるくると立ち位置が反転するふたり、下手側からの真矢のコクピット刺殺という惨い絵面の決着、これではどちらが「敵」かという区別がわからなくなります。
真矢の人殺しが絶対的に正しいわけではない、ダスティンが絶対的な敵ではないとここで示しているのです。


★竜宮島と派遣組の移動方向

竜宮島は常に上手から下手に向かって正方向に移動しています。
一騎と総士もCCTSに乗って島を出発する際左上に向かって飛び立ちます。希望の未来へ行かんとするということです。

f:id:koorusuna:20160816194959p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』OP『イグジスト』)

逆にシュリーナガルからEXODUSしたナレインたちと島外派遣組は負方向。
「暗い荒野」へ進む彼らの厳しい旅路が思われます。
10話ラストでは「希望」を求めて旅を始めますが→に向かうのでその先の修羅を暗示していると言えるでしょう。
視聴者も「希望」だけで終わるはずがないとわかっているので一抹の不安を感じ取れるようになっています。

f:id:koorusuna:20160816195023p:plain
こうして僕らは滅びの町から旅立った……新天地へ。希望の代償も知らず。
進みゆく者たちを守れると信じて、何もかも犠牲にする旅が……始まった

(『蒼穹のファフナーEXODUS』10話)

そしてこそ、派遣組→と迎えにいった←竜宮島の合流がぴたりと自然に描かれるし、負方向に向かい続けた派遣組の疲弊と正方向で戦い続けた竜宮島組の頼もしさがわかるのです。

f:id:koorusuna:20160818153606p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』22話)

f:id:koorusuna:20160818153550p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』22話)


★存在と無の力、無の力のコントロール

マークザインは基本的に上手から下手へ正方向に向かい、マークニヒトは基本的に下手から上手へ向かって敵を攻撃します。
←存在方向、→無方向というわけです。ふたつでひとつの力。

f:id:koorusuna:20160816195216p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』9話)

f:id:koorusuna:20160816195232p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』9話)

ザインが上昇的でニヒトが制圧的なのも、存在と無というワードでまとめれば理解に足ります。
ザインの激情の闘志が上昇志向に、ニヒトの獰猛な支配欲が制圧志向に繋がるのでしょう。

特にニヒトはその無の力をどう駆使すべきか、総士によって持て余されます。
初陣9話では徹底して→方向を向いています。

f:id:koorusuna:20160816195246p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』9話)

ここのぐるっと回転して見せるカットなんか、カメラが正円を描くとイマジナリーラインが崩れて無が反転して←方向を向いてしまうのでニヒトのスタビライザーの隙間に入り込むことでそれをぎりぎり阻止しています。
好き。

そして10話ではアザゼル型と対峙。
そこでニヒトは最後にザインと同化して決めの一手を打ち込むことで初めて正方向を獲得します。

f:id:koorusuna:20160816195317p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』10話)

すなわち一騎と息を合わせることで総士はようやく力のコントロールを覚えられた、と見ることができるようになるということです。
10話以降ニヒトは方向に制約を受けず縦横無尽に戦えるようになります。
他のファフナーパイロットが基本的に←方向縛りで敵と戦うなか、ひとり総士だけが正当な力とその→方向の無の力を自由に振るっているのです。

f:id:koorusuna:20160818154032p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』23話)

f:id:koorusuna:20160818153632p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』23話)

ザインは25話ラストで初めて→方向を獲得しますがこれは最終話手前でレゾンの手ごわさ、その強大な敵に立ち向かう主人公たち、という王道の熱くなる構図を採用したためと思われます。


★14話、15話の画面構成がめちゃくちゃ気持ちいい

以上を踏まえると、14話、15話の画面構成はストーリーと演出がぴったりと噛み合って気持ちいいことになっています。

図式にするとこう。
f:id:koorusuna:20160816195732p:plain

これらをどう意味づけできるか順々に見ていきましょう。

(※以下自分で読んでてめちゃくちゃわかりづらいので後日補完する……かもしれません)


下手から上手へ→方向にEXODUSしつづける一行。
下手後ろから攻撃してくるアザゼル型。

f:id:koorusuna:20160816195347p:plain
「私たちが死んでも希望は消えんぞ、フェストゥムうう!」
(『蒼穹のファフナーEXODUS』14話)

民間人を乗せたバスは→方向へ「逃げる」絵が印象づけられ、パイロットは左上を見上げて叫ぶことでその未来を向く希望の力強さがわかります。
そしてそれが上から踏みにじられることでアビエイターの冷酷さ、絶望が浮き彫りになります。


14話アバンではダスティンがカマルを殺すことで、「辿り着く先にあるのは支援ではない」と示されました。
「暗い荒野」へ→方向に進みつづける一行。

f:id:koorusuna:20160816195432p:plain
「カマル司令官なら必ず救援部隊を送ってくれる」
(『蒼穹のファフナーEXODUS』14話)

待っているものを考えると不穏を感じざるをえない画になります。

そしてラストの広登とダスティンです。
→方向に進みつづけた広登が見た先は、通常左上方向に向かってあるべき「希望」ではありませんでした。
そして右上から撃ち抜かれる。抗いようない弾圧です。
広登は左下で攻撃の受け身となります。

f:id:koorusuna:20160816195457p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』14話)

さて上手から現れた「交戦規定アルファ」を発令した人類軍。
そのまま威圧的に←方向へ攻撃してきます。
フェストゥムは→方向から攻撃してくるので、間に挟まれた一行は混乱必至で退却します。
そして民間人を襲おうとする爆撃機も←方向へゆくのです。
だから異変に気づいた真矢がそれを追ったとき、ジーベンと爆撃機はちょうど同じ方向を向くことになります。

f:id:koorusuna:20160816195527p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』15話)

f:id:koorusuna:20160816195544p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』15話)

真矢が「敵」と認定したわけではないので対立しないのです。
「敵」ではないままに撃ってしまうことが彼女の悲劇となります。


そして一騎と総士はアザゼル型に対抗するため別行動。
→方向を行くナレインたちへの敵の攻撃を阻み彼らを守る形を見せたいので、そうするとアビエイターが現れるのはきちんと下手側になるのです。

f:id:koorusuna:20160816195608p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』15話)

そしてこのときニヒトは←方向でアビエイターにワームスフィアを一発ぶつけます。
10話以来の戦闘シーンなので、ニヒトがすべてを無に帰す力だけでなくなったということになります。

総士は交戦規定アルファを関知し場を離れ、人と対立することになります。
牽制するため、ニヒトは←方向→方向構わず攻撃します。
アルゴス小隊は上手から来ているので、ニヒトは飛んでいる←方向を向いた機体に対しては後ろを取り脅し、地上の機体に対しては左上から右下へと無の力を見せつけます。
こうしてニヒトの制圧が印象づけられることになるのです。

f:id:koorusuna:20160816195627p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』15話)


f:id:koorusuna:20160816195732p:plain
こうして14話、15話はこれだけある構図をきちんとストーリー的方向性に沿った上でそれぞれ映像演出論を押さえて演出効果を発揮しているのでした。


――――――――――――――――――――


★疑問

しかしどうしてもわからないところがひとつあります。
ホライズンEDなんなの?

f:id:koorusuna:20160816195822p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』ED『ホライズン』)

f:id:koorusuna:20160818153721p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』ED)

なんで一騎が上手上方向向いて総士が下手下方向向いてるんだろう、途中は逆転するし、なんで4人は下手から上手に向かって歩くんだろう……。
視線方向もイマジナリーラインをつくるので、ザインが下手側に立ち上手から正面を向いたカットとかも意味深。

f:id:koorusuna:20160816195836p:plain
(『蒼穹のファフナーEXODUS』ED『ホライズン』)

さすがにEDという顔で総監督演出というからには絶対意味があるんだろうけど全くわからない……。
ぼちぼち考えてみます。

映画『溺れるナイフ』処女よ、処女であった者よ

性・ジェンダー その他

映画『溺れるナイフ』考察。見た勢いで書いた。
本作と、原作のネタバレがあります。
『あの娘が海辺で踊ってる』『おとぎ話みたい』のネタバレもあり。『5つ数えれば君の夢』はないと思います。

原作は未読だったけど映画見たあとに全巻読みました。

続きを読む

【同人誌】新居昭乃歌詞分析2016 注文窓口

新居昭乃

新居昭乃さん、デビュー30周年おめでとうございます!
人生で初めて同人誌作りました。
右も左もわからぬままにのんびりやってたら半年弱かかりました。2017になるところだった。楽しかった。
作業のまとめと注文窓口です。
とりあえず在庫のある限りは注文受け付けます。


新居昭乃歌詞分析2016

f:id:koorusuna:20161028151632j:plain

f:id:koorusuna:20161028151732p:plain

f:id:koorusuna:20161028151754p:plain

A5・56ページ・600円

目次

【データレポート】
○歌詞分析2014(加筆修正あり)

○データ
 からだ/色/動物/宇宙/自然
 一人称/二人称/人間/感情/比喩
 前向き(遠い/光)/内向き(闇/冷たい)
 慈愛博愛(慈しみ/全体感/小さい)
 聴覚/視覚/触覚/嗅覚/味覚
 無常/恒常/きれい/神秘/神秘関連/場所/衣類/祈り/時間

【歌詞評論・考察】
○歌詞分析2016:歌詞の変遷-人とのつながりへの切望とその救済-

・コラム:『Wings of Blue』の中の昭乃さんらしさ

○母性への関心について-『そらの庭』に見る母性性と現在への跳躍-

・コラム:『Orange Noël』読解

○青空が見たいという願いに託された戦争への想い(<新居昭乃 5つの曲の繋がり 考察>より加筆修正)

・コラム:新居昭乃は矛盾語句の組み合わせを好む
・コラム:新居昭乃は空へと落ちる

○歌詞分析2016補論『リトルピアノ・プラス』に寄せて


サンプル記事→
koorusuna.hatenablog.jp
(一応サンプルの位置付けですが、これは元々分析に取りかかる前の2013年に書いたものなので、他の項目のほうが面白いはず)

koorusuna.hatenablog.jp
(2014年版レポート。2年前のデータです。考察も今現在とは見解の相違多々あり)

※注意。
2016年評論・考察のほうは、恐らく1年後くらいにこのブログですべて公開する予定です。
2014年版歌詞分析も、古いデータ・グラフ・図表で加筆修正前のほうであれば↑で既に公開しています。
webで公開する予定のないものはデータの表のみです。(ここが一番客観的で有用で面白い部分ですが)

印刷所:■各種印刷・製本・CDプレスの株式会社ポプルス■



頒布方法

1.昭乃さんのライブの日、開演前・終演後に手渡し
ライブ会場で金銭のやりとりをしていいのかよくわからないのでどこか近場で場所を指定します。

まずは11/20。※終了しました


↓こちらのメールアドレスへ、件名「ライブ受け取り希望/お名前」で送信してください。
koorusuna70@gmail.com

必要事項
・お名前(HN)
・見逃しの発生しないメールアドレス(前日に詳細・確認のメールを送るので)
・冊数
・受け取り時間タイムリミットがありましたらその旨(最寄り駅出発時間○時まで、など)


注文受理したら返信します。一週間経過しても返信のない場合は再度ご連絡をお願いします。



2.コミックマーケット91
冬コミSky Loungeさんに委託させていただけることになりました! ありがとうございます!
12/29(木)1日目 東ホール スペースNo.ホ 39a

Sky Loungeさんの、昭乃さんの活動を隅から隅まで網羅した『新居昭乃ディスコグラフィ2012』は、今回の分析でもたいへんお世話になりました。毎日電車のなかでにらめっこしてました。

当日私はスペースまで行けませんが、よろしくお願いします。

終了しました。次回は2017年のリトルピアノツアーでライブ会場手渡しをするかもしれません。在庫ある限りまたtwitter(@mimkno)で告知します。



3.通販

自家通販やってます。ゆうちょ銀行振り込みです。

通販詳細ページ







さてさて。以下ぐだぐだと作業語りです。

どうにか私が昭乃さんに対してできることってないのかなあと思ってできたのがこれです。
昭乃さんの一貫したその思想、昭乃さんがキャッチする森羅万象の声、それがなんなのかちらちら見えてはいるのに曖昧なまま享受するのはもったいないなと思っていたのです。
もちろん音楽なので、むしろ言葉にならない曖昧な部分を楽しむことがその本分。それで充分な人にはこの本はいりません。
でも言語化オタクの私にとっての誠実は、その内部から文脈を整理して点と点を言葉で結ぶことでした。

そうしてまず2014年にデータ集計メインの歌詞分析ができ、その年のファンクラブイベントで発表しました。
そこで取りこぼしている部分が沢山あることは自覚していたので、2年経ってから、自分のできる限りの完全版を作ろうと思い立ち、評論・考察メインのものができました。

そのため大きく二本立てとなっています。
客観的データを継ぎ合わせまず全体の骨子を把握したのが2014年版。
2014年版で無視した曲も含め主観的肉付けをしていったのが2016年版です。


ですが、これでもまだ、細部を取りこぼしています。
この本は全体的にミクロを無視し、マクロな流れを追った分析だからです。

昭乃さんにも渡す予定ですが、きっと「これは明らかに違う」と思われる部分があると思います。その意味でまだ(仮)が付きます。(昭乃さんが読んでくれるかわからないけど笑 10年は読めないって言われた笑)
ブラッシュアップしたいし、本当はインタビューもまとめる予定でした。
今後昭乃さんへのインタビューはする予定です。仮アポ取りました。それをどこでどう使うかは未定ですが。

ともかく本分析では今私にできることを精一杯まとめたつもりです。
そしてこれからも昭乃さんの活動と根底思想を探り続けていきたいと思っています。
ご興味あればぜひお手に取ってみてください。