青い月のためいき

少女漫画とかアニメとかセクシャリティとかの考察・分析。

『ちはやふる』1話2ページめがすごすぎる

ネタバレなし。

ちはやふる』は、物語の導入というあらゆる情報を簡潔にスピーディに読者を引き込む形で詰めこむべき、いちばん力の入る箇所で、非常にすぐれた技巧を駆使しています。

f:id:koorusuna:20171003184700p:plain
(『ちはやふる』1巻p5)

もうここすっごい好きなんです。
ずっと好きだったんですけどやっと解体します。



1ページめ、3-4ページめと合わせて読むとこうなる。

f:id:koorusuna:20171003184648p:plain
f:id:koorusuna:20171003184700p:plain

f:id:koorusuna:20171003184710p:plain
(『ちはやふる』p4-6)


1.見せる画を十二分に引き立てる"タメ"
引用したどおりにwebで縦に読むとわかりづらいですが、紙で横に読むと冒頭からぐっと引き込まれる描き方になっています。
流れは→ちはやふる / 1巻(立ち読み)


1ページめ。
なにやらどこかの神宮、華々しい場所でカメラまで回る大規模かるた大会であるという状況説明。クイーン戦というからには女子の王座をめぐる決定戦なのだろうと推測できます。
視点をどこにも置いていない、いわば俯瞰のページ。

2ページめ。
そこから急にカメラの焦点が主人公の心情へと定まるのがこのモノローグ。
マクロから一気にミクロ視点へと読者を誘導します。
黒塗りが3分の2以上を占める画面はぐっと引き締まり、暗く「静」を表します。
たこの黒塗りのコマが主人公の顔を挟み、圧迫感が生まれています。
3コマめとそこの文字が割合大きめなのも圧迫感を引き立てます。
また、目が描かれないので主人公がどんな表情をしているのかわかりません。

急な視点収斂、黒塗りで表される「止め」と「静」と圧迫感、心情だけはっきりわかるのに表情がわからないという想像の余地、これらが台詞と相まって流れのなかで休符となるのです。


一転、3-4ページめは札を取りきる大迫力の見開き。
決まった!!!
爽快!
・見開き
・アクション
・大音量が鳴る
・目がわかる、顔がわかる、表情がわかる
・光
・早々のタイトル回収

"タメ"た2ページめから大転回をし一気に視界が開けます。

引きの1ページめ、凝縮の2ページめ、突き抜ける3・4ページめ。
冒頭たった4ページで場面と感情が二転三転揺さぶられる構成になっているのです。


2.「お願いだれも 息をしないで」に含まれる情報量
この一言に様々な情報が詰められています。

・かるたは吐息すら邪魔になるほど音が大事な競技であること
・主人公の神経が張りつめていること
・主人公の「勝ちたい」という切実さ
・そういう緊張感に包まれた場の静寂さ
・主人公の集中と場の緊張感が地続きであること


かるた競技の説明と主人公の置かれた場の状況と主人公の心情描写をいっぺんに表現してみせる手腕ときたら!
この、すくない言葉に幾重にも意味を重ねる技巧はまさに和歌。
ちはやふる』は漫画で短歌をやっている、と私はつねづね主張しているのですが、その挑戦は1巻1話冒頭からアクセル全開です。
かなちゃんなら目を輝かせて興奮するでしょう、代わりに私が興奮します。

5巻カバー折り返し作者コメント。

「競技線のなかで自由になりたい」と千早が思うように、私も「まんがのなかで自由になりたい」と思うことがあります。
限りのあるはずの紙の上に、まるで無限のような奥行きと広さをもって描かれるたくさんの世の素晴らしいまんがを読むたびに、
私が登ろうと思った山はものすごく高いなあと思わされます。
少しずつでも頑張ります。

ここにも短歌をやりたいという挑戦がうかがえます。


このモノローグに施された技巧はそれだけじゃありません。
いったい何重の掛詞をやってのけるんだ。

「お願いだれも 息をしないで」。
読んでみるとめちゃくちゃリズム感がある。まだ物語へ没入していない頭にすっと入ってきます。
音数を数えてみると「お願いだれも」「息をしないで」で七七。
そう、短歌の下の句と同じ数。

つまり――
「静」のページで下の句(お願いだれも息をしないで)、めくった「動」のページで上の句(「ち――――」)とくるようになっているのです。
ちょうど競技かるたで、下の句が読まれる間は微動だにせず神経を張り、上の句が読まれるその瞬間に身体のすべての照準を合わせるときと同様に。
ちょっとした仕掛けではありますが、再読する『ちはやふる』愛読者ならこのリズムが肌でわかるはず。
ここで実際にモノローグと同じ音数だけの下の句が読手の口から読まれているのだと思うと、主人公の感覚と同期する一体感が生まれるようです。



3.目線の流れと五感に訴えた演出
読者の目線の流れを見てみます。

(1ページめラストのコマで強調されるカメラ・報道陣)

お願いだれも

主人公の耳

主人公の口

(目端に見える報道陣)

息をしないで

先ほど目が描かれていないことを述べましたが、読者の目線がもっともいきやすいのは登場人物の目です。
それがないことで、1コマめから3コマめまで、すとんと一直線に視線誘導できるのです。張りつめた一本軸の神経のようすが視覚的に伝わります。
"タメ"でありながらぱっと読める画面構成。
"タメ"として機能するのはモノローグでの一文が絵コマによって切断されるから。

誘導された目線上に耳があることで、このモノローグが指すのはほんの小さな物音さえも雑音なのだということがわかり、音がより純粋化されて捉えられます。
口があることで主人公の吐息すら意識されます。

これらから、主人公の感じている世界が五感をつうじて伝わります。
おまけに目端に意識される報道陣。位置的にも近く、がさごそ物音を立ててしまいそうな機材が並びます。
「お願いだれも」の指す先はこの人たちのことだろうとわかり、機材が見えることで物音が怖くなり緊張感が生まれるのです。



ところで『ちはやふる』は五感に訴える演出を多用します。

f:id:koorusuna:20171003190301j:plain
(『ちはやふる』14巻p162)

「かるたの臨場感を伝えたい」という作者の想いが伝わります。

紙に描かれる漫画に音は付きません。
取材で読手さんの声を聞くたびに
札の払われる音を聞くたびに
その響きを込められたらなあと思います。
(『ちはやふる』16巻 カバー折り返し)


「お願いだれも」の切実な訴えには思わず読者も無意識に息をつめてしまうことでしょう。
人の呼吸音でさえ煩わしくなるほどの静寂と集中。そしてつめた息が解放されて吐き出される瞬間。
主人公と読者の体の感覚をつなぐことで臨場感を生み出しています。

たとえば13巻にもここと似たような演出法が取られています。
f:id:koorusuna:20171003190430j:plain
f:id:koorusuna:20171003190421j:plain
(『ちはやふる』13巻p103-p104)


1話2ページも、「息」というワードで漫画のなかの音と現実の読者の肉体を連続させています。
読者の身体感覚と自然に気持ちよくつながるように設計されているのです。




分解すればするほどすごすぎるな、冒頭。
大好き。

ももいろクローバーZ佐々木彩夏『AYAKA-NATION2016』客体と主体、他者と自己の境

あーりんあーりん!!!
ももクロは在宅ですので初めて2016年9月19日開催あーりんのソロコン見た。あと私はずっと杏果推しです。
最初感想ブログのほうにあげようと思っていたのであんまりなにが言いたいかわからない(立てた問いにうまく答えてない)全体的にだらだら語ってるだけ。
オープニングばかりか特典映像のナレーションまで喜安浩平さんで嬉しいテンション上げたうきうき声笑っちゃう。

続きを読む

なぜ『鉄血のオルフェンズ』はあの厳しい世界で同性愛を肯定できたのか

放送中に書いて一旦放置してたけど私はこういうの書くためにブログやってるんだ。

シノ「なあ、やっぱヤマギってよお。俺のこと、好きなんかなあ?」
ユージン「はーあ? なーに言ってんだよお前。いまさらか」

(『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』46話)

男が男を好きと言っても否定されない優しい世界。
……そうでしょうか?
最終話放送後、アトラとクーデリアが同性間での婚姻関係にあると明かされたらしいと聞きました。
それでも問います。
鉄血のオルフェンズは優しい世界か?

続きを読む

山戸結希『あの娘が海辺で踊ってる』蜜月の終焉、私のための映画


中学生のとき恋愛感情で好きだった女の子がいた。
猛烈に好きだったけど、その子には別の仲のよい女の子がいた。
とても仲のよかった。端から見ていてのぼせるほどに。互いのメールアドレスにさも意味ありげに同じ日付の数字列が並んでいて、私が「ふたり付き合ってるでしょ?」と探りをいれると「えー、付き合ってなーいよお♡」と返された。
ある日ふたりが抱き合って幸せそうに笑っているところを見かけて私は敗北を認め、三ヶ月程度の恋が砕けた。


私が女を好きだとカミングアウトすると、ときたま、「私も中高生のころすっごい好きですっごい好きあってることを互いに確信しあって急速に親密に近づいた女の子がいたよ」と打ち明けられることがある。
まがりなりにもセクシャリティのことを考えてきた身としては、一瞬、「私の抱えて"恋愛"と名づけてきたプライドはそんなちゃちな過去にして片づけてしまえるものじゃない」と腹立たしくなる。
でもそのあと冷静になる。
私と彼女の感情に本当にそんな違いがあるのだろうか?

中学生のとき好きだった女の子と数年後に再会したとき「私もバイだよ」とカムされた。
あのころあの娘と付き合ってたの?と聞くと「あの娘とはそういうのではなかった、けど、そうだね、あのときは限りなくそうだった。共依存だった。いろいろあってわかれちゃったけど」と返された。

私が敗北を認めたときのふたりの目は、私の知る限り、カップルの持つ甘やかな幸福とまったく同じものだったことを強烈に覚えている。




これはわたしの映画だ。世界でいちばんわたしのためにつくられた映画だ。
『あの娘は海辺で踊ってる』には日本中の女の子にそう思わせる力を秘めている。


女同士の依存関係が男の介入によって破壊される。
あらすじはこれだけ。
これだけの物語に、絶対忘れたくない、私たちがそれぞれ孤独に抱えてきたはずの、失われてしまった大切な思い出が投影される。

そう。最後に私たちの関係は失われてしまう。私に「実は……」と打ち明けてきた女の子たちの物語もすべて過去形だ。その最後はそれぞれに悲しい。


なぜ過去になってしまうのか。
思春期特有の一時の感情だから?
ちがう。一時の感情だとそのとき思っていなかった。そんなものを考えるよりあの娘のほうが大事だった。ふたりの蜜月が大事だったのだ。

女同士の蜜月が「思春期特有の一時の感情」に「させられてしまっている」社会構造は、以前のエントリで解体した。

koorusuna.hatenablog.jp

それを山戸結希が表現するとこうなる。

予感だけが蠢く。生活のすべてに前兆がある。きっと必ず男を愛す。それだけの日が待っている。それだけの日を待っている。

(あの娘新聞 号外 平成24年11月号 編集長山戸結希より)

女性として「孕んで」しまった菅原は処女舞子との別れを余儀なくされる。
どうして私たち一緒になれない? 一緒にいられない?
それは舞子が処女だからだ。菅原が男と契ってしまった時点で処女は女と分離されて殺される。女は男に消費される。それこそが唯一絶対の幸せで、女同士の蜜月はとるにたらない、男と契るまでの「練習」として無化されるからだ。
こうして女は処女でいられなくなり、処女と別れて、失われた思い出を反芻するしかできなくなる。


どれだけ一緒にいたかったか男にはわかるまい。
どれだけあの娘を愛したかわかるまい。
どれだけかなしかったと思う。
私たちの切望した愛しさとただそればかりある悲しみが映画に投影される。



舞子「さようなら、わたしのものだったあのひと」

2017年の再上映で二度めの『あの娘』を見た。
そういえばわたしのための映画だったんだ、と思った。
わたしのための映画だ。
わたしは女が好きだった。女を愛していたかった。
でも社会は女が女を愛することを全力で阻んできて、2016年、私は改めて、もう一生女を好きになれないのだと絶望した。

koorusuna.blog.fc2.com
>忘れたくない。私の恋心を、ただ女として女を好きでいたかっただけの心を、もし戦う必要がなかったら女と寄り添っていたかもしれない私という存在を、マジョリティー色に塗り潰されたくない。
>私の戦いへの、せめてもの慰めです。

忘れたくない。
私は女を好きな私を殺された。
けど忘れたくない。
流産むなしく墓場にさようならと告げた舞子。餞別を贈り、けして同じになれない水を掬い、熱海駅の改札で舞子の姿を探す菅原。
涙があふれて仕方なかった。
一緒にいたかった。いつまでも蜜月を分けあっていられると信じていたかった。
そんな切望と呼応するようにパピコは床に捨ておかれどろどろに溶け男と分けあうように供えられ、パンケーキは粗雑に取り残され、パフェは男と契られほかの女への貨幣になる。


>少女期のあの地獄って、思春期が終わったら女性から切り離される問題というわけではなくて、身体がある限り永遠に追いかけてくる地獄なんですよね。

>容易に言葉にするには困難な普遍の生き地獄が、きっとすべての女性に共通してあって。それは、きっと男の人と添い遂げても、子どもを産んでお母さんになっても、消滅せずに並行世界としてずっとある地獄なんじゃないのかなって予感として響きながら。

日本の女の子にとって転換期になるような作品を『溺れるナイフ』山戸結希監督インタビュー |AM

私たちの体は男に消費されるためにある。
そんなこと信じたくない。そんなわけない。あの娘に見ていてほしかった。
あの娘のためだけにこの胸は高鳴ってほしかった。
あの娘にすべてを捧げたかった。捧げられていたかった。そういう依存がいちばんほしかった。

舞子「依存でなにが悪いの。愛しあうって共依存でしょ」


悲しみは一生つづく。
古野がいちばん怖い。
自分に権力が付与されていることを自覚しない男。女の蜜月を壊す力をなんとも思っていない男。そんなの知らない勝手に壊れたんだと言うんでしょう。「女は顔じゃない」と言いながら女をジャッジする力を手放さない男。「芸能界は大変だよ」と高みから消費の厳しさを説く男。
友人とすこしばかり離れてもホモソーシャルは永遠と信じていられる男が怖い。


女に都合のよくないことはぜんぶ男が悪いと言うのは間違ってる。
男にすべて責任を押しつけて責めるのは間違ってる。奪うつもりもない男に対して男は奪う存在だと断罪するのは間違ってる。
男だって男に生まれたかったわけじゃない。
でも、奪うつもりがないなんて言いながら奪っていくじゃない。へらへら笑って女を閉塞の手のなかに押し込める権利を当然だと力を振るっていくじゃない。そんな男を責めないのも間違ってる。

舞子は消費される。すり減らされにいく。どうせ消費されるための体なら美の力を携えて自分の意思で消費されにいく。

私たちは地獄にいる。どうせ男と契るなら自分の手足を手放さないで体を自分のものにして自分から飛び込んでいくほうがずっといい。
この地獄のなかであの娘と別れた痛みを抱えて私たちは生きていく。
男に消費されまいと抗う地獄、あの娘と別れて男に消費される地獄、ふたつにひとつだ。
消費されてしまえば"女の幸せ"とやらが待っている。抗う地獄は先がなく救われない。
だから抗うことをやめていく。やめていった私たちは、あの娘が海辺で踊ってる、かの美しい餞別だけを胸にしまって愛しかったとひと撫でする。

『蒼穹のファフナーEXODUS』一騎が受け取った花の意味

※『蒼穹のファフナーEXODUS』第11巻付属CDドラマ『THE FOLLOWER2』のネタバレあり。

考察。検証しようがないので仮説です。

続きを読む