青い月のためいき

百合とかBLとか非異性愛とかジェンダーとかを考えるオタク

杏果が好き

いやあ、特に書くことはないんですが、特に書くことがないことから察してほしいんですが本当に特に書くことがない杏果がずっと好きな人です。1年前ブログをあげた手前、とりあえず書いておこうかなあと。
この1年ぐだぐだぐだぐだ年がら年中ぐだぐだ管を巻いてはいたんです。twitterの鍵アカウントで。
でも表には出せなかった。万が一にもエゴサ魔のあの子の目に触れたらいけないじゃない。なので出すのなら見せてもいいように毒抜きした。んだけど、どうですかね。抜けてるかな。


好きに生きて。
私は残念ながら杏果のいないももクロにはやっぱり惹かれることができなかったし、ソロの杏果もたぶんそこまで好きじゃない。
でもいつか杏果のライブには行きたい。いつかね。
でもまた上滑りする綺麗事のMC聞かされるのかと思うと居たたまれない。
私は杏果のつくった自己像が好きじゃないから。

杏果は嘘つきだからキライとかそんなピュアなことは言わないし、杏果とつながる青い空だとかピュアピュアなことも言わない。
エゴで4人に迷惑かけるなんてあたりまえのことにいちいち腹もたちません。滅私奉公しろってか。
ファンのことをいちばんに考えてるとか、すべては4人のためだとか、そんなうわ言も聞けないです。
誰にも共感できない、イエスマンにもアンチにもなれない、またぞろさまざまな杏果が好きだという感情が複雑なうねりをあげる。
そういう1年だった。

信念。あなたの信念のために動けばいいよ。
私は杏果がももクロ帰属意識を持たなかったことになにより傷ついたし、今もって奇跡のファンとかほざく……ほざくことに、救われないまま立ち往生している。
ただ、卒業発表以降や卒業公演での寒々しいほどすっきりした笑顔が彼女のほんとうの笑顔だと解釈できる能天気さには呆れる。

誰と結婚しようが構わない。
ファンとして不安がないわけはない、けど必要以上に不安をあおる行為は逆効果だってわからないのかな。ふたりの結束をより深めるための呼び水になるのがせいぜいだ。
身近な人ならともかく私たちがかけてやれる言葉なんて祝福くらいしかない。
いや簡単に離婚できない、逃げ場がないことは、唯一不安だよ。
杏果の覚悟は信頼してるけど、杏果の恋愛経験値は心配してるからな。失敗してもいい環境で私生活を送ってほしかった。
でもそんなの跳ね返すくらい好きにやってほしい。いっそ。仕事の失敗はいくらでもすればいい。後ろ楯があるのなら。
あなたの最高のものを叩きつける根性だけは絶対揺るがずに信じてるから。